好き避けと嫌い避けの見分け方―目を合わさずに目を合わす

女性は好き避けをしてしまった、どうしようと悩むことが多い。それに対して男性は、好き避けされているのか嫌い避けされているのか、どちらなのか悩むことが多い。女性は自分に自信がないとき負い目を感じるとき、素直に自分を表現できない。男性は自分に自信がないと、相手のちょっとした行動で相手の気持ちを推し量ろうとする、女性が避けたりするともう動揺する。女性が相手のちょっとした行動に敏感になるように、男性も相手のちょっとした行動に敏感になる。
では、好き避けか嫌い避けか確実に見分ける方法はあるのだろうか。まず、好き避けは首尾一貫性がない。好きだけど避けてしまうのだから、好き・恥ずかしい・どうしよう・このままじゃいけないと、たくさんの感情がそのときどきで強くなったり弱くなったりする。だから、行動に首尾一貫性がない。避けていたなと思ったら近寄ってきたり、話しかけたらまた避け始めたり、目を合わせたり、目を合わせなかったりする。だから気になるし、どう行動していいのか分からなくなる。嫌い避けなら、嫌いという感情だけだから行動にも首尾一貫性がある。同じ挨拶でも、好き避けなら挨拶するときとしないときがあるし、緊張しているから笑顔も引きつりやすい。まず営業用の笑顔はできない。嫌い避けなら挨拶と割り切っているので笑顔で挨拶できる。しかも社会人なら営業用の笑顔でも目をきらきらさせられるので、一般の男性は勘違いしやすい。嫌い避けのときは裏表の顔があるが、相手に見せる表向きの顔の表情には首尾一貫性がある。だから男性は女性の感情を真逆に受け取りやすい。でも、いちど分かれば、とても分かりやすい。
でも好き避けか嫌い避けか見分ける一番いい方法は、その女性と親しい友達に聞くことだ。彼女が避けていても、彼女の友達があなたを避けていなければ、彼女のグループ内であなたの評判が悪くはなさそうだから、ひとまず安心だ。女性同士は同調性があるから、ものの見方や感じ方だけではなく感情そのものも共有される。これを間主観性という。ときどき友達と同じ男性を好きになってしまうことがあるのも、この間主観性による。
この女性の友達同士の間主観性に注目すれば、彼女の友達を通して彼女の感情を知ることができる。あなたが彼女の友達に避けられていないのを確認したら、彼女に避けられていることを相談するといい。「嫌われているのかな」と聞けば、「そんなことないよ」と答えが返ってくる。「好きなはずだよ」と答えが返ってきたら最高だ。
そう、第三者的(客観的)立場では万能な方法はないが、彼女と主観性を共有している友達ならば彼女の気持ちを知っているので、彼女の友達を間に立てるといい。ここで注意してほしいのは自分の友達ではなく、彼女と主観性を共有している彼女の友達だということだ。これはかなり確実な方法である。実は、深刻ではない第三者の意見ほどいい加減なものはない。主観の力こそ大切だ。この場合なら彼女と主観性を共有している友達の意見である。
また好き避けしている女性の多くは、よく視界の中にいる。目が合うか合わないかは関係がない。女性は目を合わせるのもうまいが、目を合わさないのもうまい。目が合うか合わないかのタイミングで、視線をはずすことができるからだ。だから目が合うかどうかではなくて、いつも彼女が視界の中にいるかどうかが判断基準のひとつになる。そして、あなたの視界の中にいる彼女がいつも笑顔で、しかも近くにいるとすれば、嫌われていないと考えよう。ひとは向き合うと、どうしても対立の関係になってしまう。男女の関係でも同じだ。それで、好きな人の前では何も言えないほど緊張してしまう。横とか後ろや、少し離れたところなら安心してそばにいられる。向き合って沈黙なら気まずいが、横に並んで沈黙ならいい雰囲気だろう。また女性が好きな男性の後ろをちょこちょこ歩きたがるのは、男尊女卑の悪習のなごりではなく、安心して男性のそばにいられる位置なのだ。
彼女の視界が広いかどうかもチェックするといい。視界の広い女性であれば、まっすぐに見ていなくても、視界の端に好きな男性を置き続けられるからだ。相手に横顔を見せ続けながら、相手を見ることもできる。だから、まず彼女がつねにあなたの視界の中にいるかどうかを確認するといい。物陰に隠れながら彼女を見たらストーカーになるけど、どうどうと彼女の視界の中に入ることはストーカーにならない。まあ、男性もまっすぐ見なくても女性を視界の中に置き続ける技術を持っていた方がいいだろう。これが、「目を合わさずに目を合わす」方法だ。
あなたの視界の中に必ず彼女がいることが分かったら、彼女の気持ちを試す方法はある。あまりおすすめではないが、他の女性と話してみることだ。仕事の話など、後できちんと言い訳できる内容の話がいい。そして他の女性と話したときの彼女の態度を見るのだ。そわそわしたり、不機嫌になったりすれば、あなたに気がある。嫌いな男性なら、誰と話をしても気にしないはずだ。ただ好き避けする女性は繊細な女性が多いので、気をつけてほしい。そのまま、あなたのことをあきらめてしまうかもしれない。だから、おすすめではないと言ったのだ。
このように好き避け女性はとても繊細だ。だからメールをしても返事が返ってこなくてもいい。なかなか話の輪に入ってこなくてもいい。あなたの視界の中にいるかどうかが重要だ。メールの返事はどう返事したらいいのか迷っているうちに出す時機を逸したとも考えられる。あなたに嫌われることを恐れて、どう返事するか迷ってしまうのだ。考えすぎて返事が出せないと考えればいい。返事をしたくて一所懸命に考えているから、返事をしないなんて思いもよらず、でも返事内容を迷っているうちに時機を逸して、結果として返事を出せないのだ。そう考えるとかわいく思える。
話の輪に入ってこないのは、どんな話をしていいのか分からずに迷っているうちに、話の輪に入れないのだ。だから彼女と直接話をしなくても、彼女の友達と話をしていれば、あなたのことは彼女に伝わる。一方通行だが、ひとまずそれで我慢しよう。つねに彼女の視界の中にいれば、彼女も自然とあなたのそばに来るだろう。
あなたがみんなにお土産を買ってきて、彼女がお土産のお礼をしてくれば、嫌い避けではないのは確かだ。嫌い避けなら、嫌いな男性が買ってきたお土産なんか食べたくない。嫌い避けなら、そこまで拒絶反応がある。
でも好き避け女性には贈り物をするのも難しい。相手が自分のことを好きだと分かったら、男性は無理をしてでも贈り物をしたいと考える。ところが、好き避け女性は好きな男性からの贈り物を断る場合がある。贈り物をしたところ「受け取れません」と断られたら、男性はとても落ち込んで立ち直れそうにない。しかし、好き避け女性であれば、「受け取れません」と断られた方が男性にとっては良い返事かもしれない。女性は笑顔で受け取りながら、陰で平気で贈り物を捨てられる。高価な物なら質屋にもって行くかもしれない。あるいはインターネットのオークションに出品するかもしれない。他の男性から同じ物をもらっていれば、あなたからの贈り物は質屋に入れても、あなたは気づくことができない。そうであれば、はっきりと「受け取れません」と断られた方が、彼女はあなたに誠実に対応したことになる。実際に好き避け女性の中には、「贈り物を拒否したら、好きだと思われてしまう」と考える女性もいる。好きでもない男性からの贈り物であれば受け取り、好きな男性からの贈り物は「まだ何もして上げられないから」と断るのだ。好き避け女性が贈り物を受け取らなかったら、「高価な物をもらえるだけのことを、わたしはして上げていないので受け取れません」という意味だと考えていい。でも男性としては、女性への贈り物を持ち帰ることはできないよね。プライドもひどく傷ついている。そんなときには彼女の友達に、「彼女への贈り物だったのだけど、拒否されたから捨てといて」と言って渡すのもひとつの方法だ。これで男性としてのプライドを維持できるし、彼女のもとに届く可能性が大きい。
また贈り物が身につけるものであった場合、彼女が身につけていなかったら、やはり落ち込むはずだ。でも、それは大事にしまっているのだと考えるといいだろう。好き避け女性ならではの行動だと考えよう。
このように好き避け女性はいきなり高価な贈り物をもらうと、どう返事していいのか混乱してしまうが、うれしいけど遠慮してしまうという奥ゆかしさがあると考えればいい。きちんと付き合うまでは、みんなにお土産を買ってきて、好き避け女性の分も用意しておくという程度がいいかもしれない。
ここまでくると分かると思うけど、好き避け女性にはまず安心してもらうことだ。すぐに話しかけずにまずは相手の視界の中に入り続けることだ。そうすれば彼女は安心する。他の女性とは、仕事以外では話さない方がいい。彼女が不安がるからだ。そして彼女にあなたの気持ちが伝わるように、彼女と親しい友達と話すよう心がけると安心してもらえる。そのうち彼女も会話の中に自然に入っていけるだろう。とにかく、彼女の友達をうまく使うことだ。自分の友達を使って彼女に伝えるのではなく、彼女の友達を使って彼女に伝えるのだ。これが、彼女の主観性を大切にするということだ。
また彼女の気持ちを知ったからといって、焦りは禁物だ。あくまで自然に話せるようにしよう。好き避けしている女性は恋愛に臆病になっていることが多いので、あまりに激しく行動してしまうと、彼女が壁を作ってしまうかもしれない。臆病になる理由としては、①恋愛経験が少ない女性、②結婚までは待って!と考えている女性、③過去の恋愛で深く傷ついている女性であることが挙げられる。だから激しく行動すると、つい壁を作ってしまうのだ。だから好き避け女性とは、遊びで付き合おうとはしないことだ。そもそも好き避け女性と付き合うには数年必要な場合があるので、恋愛向きではない。一生の女性として向き合わなければならない。その覚悟がなければ、彼女をあきらめた方がいい。あなたが遊びかどうかを見極めるために、好き避けをしていると考えると分かりやすい。②結婚までは待って!と考えている女性なら、待った方がいいだろうし、本当に好きなら待てるはずだ。男性は自分で処理できるのだから、女性は待たせていることに負い目を感じなくてもいい。そのかわり女性も、彼の部屋でビデオなどを発見しても目くじらを立てないことだ。浮気をしないで自分で処理しているということだからだ。男性はできないと死んでしまうなんてことはない。
このように好き避け女性と付き合うには、忍耐が求められる。すぐに付き合えないからと怒っていては話がまとまらない。あなたの気持ちを知った後でも、細かいことを気にする。あなたがかつて「胸の小さい女性が好み」と言ったことがあれば、胸の大きい彼女は大きいことを気にする。男性は女性のやわらかさに憧れるから、胸が大きいことはマイナス評価にはならないのに、女性にとってはすべてがコンプレックスになってしまう。そのコンプレックスを一つひとつ解いていくことが必要だから、時間がかかるのは当たり前だ。それだけ彼女は、あなたのことを真剣に考えているのだ。
でも、女性にも努力してほしいことがある。それは、相手を待たせているのだから、相手の男性が安心して待っていられるように気持ちをつねに発信するということだ。いつまでも避けられているのは、男性としては正直いって面白くない。そこをきちんと理解して意思疎通をていねいにしていれば、あなたが好きになった優しい男性は無理を言わずに、あなたを待ち続けるはずだ。そもそも男性は、本当に好きな女性にはなかなか手を出せないものだ。これは、女性が好き避けするのと同じことだと思えば、女性も納得できるだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック